【サロンご予約】当日予約を受けないメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

何度かお会いしているサロンオーナー様が、

これまでなら承っていたという「当日予約」を、

「もう受けるのをやめることにしたんです」と、お話下さりました。

急にお時間ができたり、ふと心を向けて下さったお客様にとって、

当日予約を承るサロンかそうでないかは、

とても重要な点ですね。

ですが、

だからと言って、承るかどうかは

サロンの運営状況によって、判断すべきです。

数名のスタッフさんが常にいて、常にどこかしら空いている時間帯がある

状況のほうが多い場合は、当日ご予約可なことが多いかもしれませんね。

ですが時に、お1人様を急きょ承っただけで、業務その他が滞り、

全員が疲弊してしまうこともあります。

では1人サロンなら、

業務その他の見通しが立てやすく融通もきくから、

当日承っても大きな支障はないのかと言えば、

またそれも異なります。

1人であるがゆえに、お客様から

「言えばなんとかしてくれる」

と、無意識に認知されてしまいかねません。

そうすると、他にも同じことが起こりはじめます。

営業時間外、施術時間そのもの、ご紹介特典やキャンペーンの有効期限etc.・・・。

「セラピスト1人のサロンで、決めるのはこの人なんだし、
お願いするだけお願いしてみよう」

そんな風に思われてしまうのは、

サロンにも、お客様にも、良いことではありませんね。

それに、

当日予約を多くされるお客様は、当日キャンセルもされる確率も

平均してですが、高くなります。

対照的に、

「前々から予約をして、他の予定をさしおいても行く」

という自発的な意志や、わくわくとした気持ちが低くなります。

予約枠が空いている時間は、

売上がうまれない時間ではなく、

お客様のための準備をする、重要で意味のある時間です。

 

ですので、

当日予約を受ける場合は、良い意味で割り切り

当日キャンセルや、「約束」という想いを

サロン側も持たないことも大切なのではないかと思います。

 

逆に、

それらをお互い大切にしていただけるお客様であふれる

サロンへと育てていきたい場合は、

はじめから、当日予約は承らない。と

勇気をもって決めることが、大切なのです。

2018年9月4日(火)
お客様の方から良質な売上をご提案いただける復習会のご案内

 

無料メール講座

TOPページに戻る

 

souseiki.co.jp
2013年より、現役サロンオーナーがお伝えする「割引しない集客しない良質な売り上げのつくり方」をシェアしています。
コメントは利用できません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 草世木流おもてなし講座 | 集客しない割引しないサロンづくり