【サロン集客】最短で「集客」できる最強の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

草世木流で考える「集客」というのは、2つあります。

1つ目は、

「集客しないこと」です。

同じひとであるお客様に対して使う「集客」という名称に、

ものすごく古い臭いを感じるからです。

「一度来てみてください」
「おすすめですよ」
「良いですよ」

そんなセリフを、お店側が、様々なワードで表現すればするほど、

逆効果だと思います。今はそんな時代です。

お客様は小手先にまやかされるようなことはありませんし、

まやかそうとすることも愚行です。

2つ目は、

「良いエネルギーを共有すること」です。

「草世木流おもてなし」を多くのひとに知っていただくため、

様々な企画や講座を開催しています。

草世木流おもてなし二級・一級講座や、

おもてなし寺子屋、アカデミー、座談会や小講座・・。

形式は異なっても、

ご受講者様、関わる認定講師陣、私、それぞれが

「お客様目線でお客様のために」

というテーマに、心を通わせます。

そのためか、

ご一緒させていただくかたの多くが、

会の最中にご予約を数件いただいていたり、

翌日からお久しぶりのお客様からのご連絡が立て続いたりと、

お店だけでなく、お客様にもよい形の変化が起こります。

私も同じで、

会や講座前後は、必ずご予約連絡を多くいただきます。

認定講師勉強会でも同じことが起きていて、

それはやはり

小手先やWEBテクニックなどでない

純粋な「お客様の為に」というエネルギーを共有するからだと思います。

だから、

「集客」したいと思ったら、

職業や年齢を問わず、心が正しいと感じる

「お客様目線」について、誰かと語り合うとよいと思います。

起業当初の熱い想いや、ターゲット様に寄り添いたい感情が

再燃し、よいエネルギーにより、

「集客しなくても集客できている」状況に

一歩近づくことができると思います。

 

無料メール講座

TOPページに戻る

 

souseiki.co.jp
2013年より、現役サロンオーナーがお伝えする「割引しない集客しない良質な売り上げのつくり方」をシェアしています。
コメントは利用できません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座