【サロン集客】「まずは一度来てもらう」の間違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご新規様にご来店いただく為に、

初回割引や、企画・キャンペーンをおこなうサロン様は、多いかもしれません。

「まずは一度、お越しいただきたいから」
「気軽にご来店いただきたい」
「他サロンが初回割引をしているから」

また、

二回目のご予約をいただく為の

その場で予約、○日以内予約割引等が、用意されていたりもします。

私のサロンでは割引の類はおこなっていませんが、

それらが全て悪いですとか、やめるべき。と言うのではありません。

 

何が「間違い」であるかと言うと、

割引をしてご来店下さったお客様の期待を、

想像以上に良い意味で裏切る

「準備」の「不足」が、間違いだと思っています。

初回割引やキャンペーンに背中をおされてご来店下さったお客様は、

当然のことながら、定価でご来店下さったお客様と、

施術への価値観、ご感想が、異なります。

 

施術やセラピストよりも、価格を軸にした評価になるからです。

 

初回に定価、二回目に割引で受けられるお客様と、

初回が割引、二回目に定価で受けられるお客様とでは、

ご感想が異なって当然ということです。

 

つまり、

もし、リピーター様を増やすために、まずはご新規様を増やそう、

その為に価格をさげよう。という場合には、

定価でご来店くださるお客様以上に、価格を超える感動を

いくつも準備しておく必要があるのですね。

 

お客様は、

少々の価格の差よりも、

サロンという非日常の空間への価値を重視してくださります。

 

ですので、

割引やキャンペーンのお客様だからと、

ごく普通な接遇、またはどこか手抜き、

あるいは「この方はキャンペーンの時だけみえる・・」

と悲観的になるのではなく、

逆に、

通常以上の配慮があってこそ、

お客様にとっても、サロンにとっても、

「まず一度ご来店」いただいたことが、

お互い、意味のある時間となるのではないかと思います。

2018年9月4日(火)
お客様の方から良質な売上をご提案いただける復習会のご案内

 

無料メール講座

TOPページに戻る

 

souseiki.co.jp
2013年より、現役サロンオーナーがお伝えする「割引しない集客しない良質な売り上げのつくり方」をシェアしています。
コメントは利用できません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 草世木流おもてなし講座 | 集客しない割引しないサロンづくり