ニュースレターでお客様から単価を上げていただける2つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージをいただきました。


まさに私のニュースレターのことだと思いました。新垣さんのメルマガを
読んで作りはじめたものの(中略)売上やリピート率の変化は何もなく、
どこを直したら良いのかわからず、続けるべきか、迷っています。

ニュースレター作成時、

ほとんどの方が、「自分はもらったことがない」為に、

気づかない盲点があります。

ですのでまずは、

「ニュースレターを受け取るお客様の気持ち」を想像するとよいと思います。

どんなレターならうれしいか、考えてみます。

そして次に、

「セールス」「売り込み」と感じられる記事は

一切書かないことです。

サロン側は売り込んでいるつもりがなくても、

どなたかお一人様へでも、そう伝わった時点で、

残念ながらそれは、よくあるサロンの「販売トーク」に変わりないのです。

セールスよりも、お客様が知りたいことは何か。

売り込んでいないのに、自ら買いたくなる記事とは何か。

お客様目線で追求をすれば、

逆効果なニュースレターにはなりません。

ぜひ、書くのをやめるのではなく、

受け取る側の気持ちになって内容を改善し、

継続されることを、おすすめいたします。

無料メール講座

TOPページに戻る

 

souseiki.co.jp
2013年より、現役サロンオーナーがお伝えする「割引しない集客しない良質な売り上げのつくり方」をシェアしています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座