すぐに「集客」につながる具体的な方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

認定講師さんが、「すぐに集客につながる方法」に

たどり着くまでの経過と想いを、書いてくれました。

——

ニュースレターには、

すぐにご来店につながる書き方と、逆効果を招く書き方があります。

多くのサロンさまで、ニュースレターでご反応がないというのは、

誤った書き方をしているからです。

そういう私も、3年ほど前まで作成していたニュースレターでは、

お客様からのご反応が全くありませんでした。

それでも、

その時学んだ教材には、すぐにご反応がないのがニュースレターとあったため、

約1年位、お客様に送り続けていたのです。

さすがに、

1年経ち、気持ちが萎えてきたところに、草世木流おもてなしのニュースレター

の書き方を知り、学びました。

内容は、私が苦手だったこと、必要ないと思っていたことが多く含まれ、

かつ、

聞いたことがない方法ばかりで、ある意味衝撃でした。

でも、

今まで学んだどの教材よりも、一番考え方が腑に落ちて、苦手なこともやってみよう

という気持ちになったのです。

そして、新しく作成したニュースレターをお客様にお送りしたところ・・・

すぐに、

「お手紙ありがとうございました」という、メールやお手紙を頂戴したり、

サロンのご予約をいただけ、

さらには、3年、4年ぶりのお客様もご来店くださったのです。

1年送り続けた以前のニュースレターには、

まったくご反応がなかったのに、です。

この違いはなんだと思いますか?

私は、ニュースレターは、「サロンを思い出していただくためだけ」のツールで、

ただ出し続ければよいのだと勘違いしていたのです。

それはサロン側の勝手な都合でしかありません。

同じ内容をお送りしていたとしても、

受け取るお客様の感じ方は、お一人お一人違います。

そのことに気付き、

今はお客様の顔を思い浮かべながら、工夫をし、お送りしているからこそ、

ご反応がいただけるようになったのです。

細部まで決して手を抜かず、お客様への想いを

「目に見える形で伝える」のが、

草世木流おもてなしのニュースレターの書き方です。

そして、

それは、すぐに「集客」につながる具体的な方法でもあるのです。

サロン集客によいと聞いて、ただ続けている、

なんとなくやってみようと思っていることはありませんか?

なんとなく行っていることは、お客様には伝わりません。

もし、そのようなことがおありでしたら、一度やり方を見直してみてくださいね。

——

「良いと聞いたから」というだけで、「なんとなく」

実践していること。というのは、

結果が出ないだけでなく、

時間もとてもかかっていると思います。

ブログやメルマガ、キャンペーンや割引の設定、新メニューやオプション導入等々・・

「売上」につながると考えておこなうようなそれらは、

お客様はもう、飽き飽きしているので、

時間をかけたあげくに、売上も、お客様との関係も、向上しません。

草世木流の考えに沿うと、

心に残るポイントがわかるようになるので、

ご反応がどんどんいただけるようになります。

ニュースレターやブログのような表現だけでなく、

カウンセリングもメニュー設定も、

本当のコツと、よく受け継がれている間違ったコツをすみわけることで、

より短時間で、結果を出せるようになります。

だから、

「集客」「売上」につなげるには、

「なんとなく」マネを続けるのはやめ、本当に正しいポイントを知り、

応用も判断できるようにすることです。

施術やお客様に、最大の時間と集中力を発揮するために、

時間や労力を最小限にできる、

草世木流の考え方を、ぜひとり入れてみてください。

無料メール講座

TOPページに戻る

 

souseiki.co.jp
2013年より、現役サロンオーナーがお伝えする「割引しない集客しない良質な売り上げのつくり方」をシェアしています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 草世木流おもてなし講座 | 集客しない割引しないサロンづくり