長時間話おしゃべりされるお客様のご対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「リピート率90%」講座の新垣です。

無料7日間メール講座へいただいたメッセージを、ご紹介させていただきます。

サロンを始めて1年6ヵ月になります。

毎月必ず1~2回は来店して頂けるお客さまが10人ほど。今は新規のお客さまを増やす努力中です。ポスティングも500枚に1名ご予約という感じですね。

(中略)

施術した後お客さまの、ちょっとのおしゃべりはいいのですが、長い時間話されてからやっと帰られる方がいます。

こちらも予約がつまってないので、少しぐらいはお話しを聞いてもかまわないと、ウンウンといつまでも聞いてしまうのも悪いのですが…。

そんなお客さまとの対応策としてサロン側のスマートな言葉かけや誘導ができればとても助かります。

私はポスティングをしたことがないので、すごい確率だと思いました。

お話が長いということは、それだけ心をひらいてくださっているということだと思います。内容を書きとめておいて、次回、続きをおうかがいすることもできますね。

長時間になってどうしても困る場合は、自分が立ち上がったり、ベッドメイキングをしながらお話してみるとよいと思います。

お客様も、雰囲気でなんとなく気づいてくださります。

でも、もっと大切な部分で、「なぜ困るのか」を考えることも、おすすめです。

・施術時間が厳守できているか。
・次のお客様のご予約時間とのインターバルは適正か
・最終ご予約承り時間の設定

など、システム自体を見直すことで、時間管理が可能になることもあります。

お客様がお話される内容は、お肌やおからだのこと以外も、すべて大切な「個人情報」の一部です。

そのお話の中から、ご体調の原因をさぐることができますし、ご家族や飼っている動物の記念日などを知ることができ、お祝いを伝えることができたりもします。

つまり、全ての会話にリピートいただくためのヒントがあると考えたうえで、どうご対応することがベストなのか、改善の余地がないかどうか、確認してみるのもよいと思います^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座