時間延長「サービス」は、施術の価値やかよっていただく意味を自ら下げているようなものです

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「リピート率90%」講座の新垣です。

無料7日間メール講座読者様へお送りしたメールへ、ご感想をいただきました。

「○分○円」とわかってご来店くださったお客様へ、理由なく、そっと時間延長「サービス」をするということは、施術の価値を、自ら下げているようなもの。というお話でした。

おっしゃる通り、共感します。良かれと思うことが、受け取る側ではそうではない。

つまり、目線がどこに向いているかなのかなぁと思います。

良かれと思うことが、結局は自分目線の自己満足になってしまっていることに、常に気をつけなければと思っています。

後になって気付いて後悔したりすることもあります。次に生かすことですよね。いつも気付きをありがとうございます。

施術をご提供する「サロン」というのは、不思議な常識というか、遠慮からくる過剰な「サービス」が、多いと思います。

初回割引も、その1つの例ですね。

割引きや、時間延長によって、お客様がよろこんでくださると考えるから、動きがとれなくなるのだと思います。

「やめ時がわからない」
「どのお客様まで線引きをするのか迷う」
「既存のお客様は・・」
「友人の友人は・・」

など、サロン側がはじめた「サービス」によって、サロン自身がつらくなる・・というケースです。

お客様は、他の面も、きちんとジャッジくださっています。何かご提供をしたい、と考えたら、他を磨く方法もあるのです。

価格や時間に訴求しようとすることは、施術だけでなく、施術者やサロン、そして、かよってくださるお客様の感じる「価値」や「意味」までも、下げてしまいかねません。

ですので、時間を長くご提供する場合は、「事前に」「理由」と「延長時間」をお伝えすることで、はじめて、意味のある「サービス」となるのだと思います^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 草世木流おもてなし講座