日頃から、○○○返すクセをつけることで、お客様との距離が縮まります

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「再来店率90%」講座の新垣です。

どこかのお店で、店員さんに話しかけることが、ありますでしょうか。あまり話さず、用事だけ済ませたい派でしょうか^^

では、店員さんに話しかけた後、同じ質問をしていただいたことは、ありますか^^?

私は昔から、「かわいい女性」店員さんが大好きで(笑)、よく話しかけてしまいます^^

名札を拝見して、

「○○さん、お肌きれいですね~♡」
「○○さんの、おすすめをください^^」

と、話しかけるので、かわいい女性店員さんは、ぽっと頬を赤くされたり、うれしそうに答えて下さります。

会話をすると、食事や買い物や滞在が、より楽しく感じます。

ただ純粋に、かわいい女性と、話がしたいだけなのですが^^;おまけとして、次に伺った時、覚えていてくださったりも、します。

私は、会話がしたくて、それだけでうれしいので、かわいい女性店員さんには、大満足します。

ですが、自分が店員さんだったら、ひと工夫します。

それは、「同じ質問を、たずね返す」ことです。

サロンにご来店くださるお客様も、施術者に興味をもってご質問下さることも、ありますね^^

回答をしながら考えることは、「同じ質問をして、失礼はないかどうか」です。

お客様によって、お悩みやライフスタイルは異なるので、その場合、少しアレンジして、ご質問をします。

そうすると、「私はこうだから、新垣さんはどうなのかな?って思って、聞いてみたの^^」

と、ご質問くださった理由を、教えていただけたりもします。

すると会話が深くなり、お客様にとっても、実のある会話と、感じていただけると思うんです。

日頃から、どんな人と話していても、そのクセがあるかたは、問題ないですね^^

でも、あちこちで話しかける私でも、ここちよく「たずね返して」下さった店員さんは、極わずかしか、記憶にありません。

もし、クセまではついていないかたは、ぜひ、失礼のないように、「たずね返して」みてください。

お客様との距離が、ぐっと縮まって、安心・信頼いただけると思います^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座