ホームページは、あったほうがよいのでしょうか

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「リピート率90%」講座の新垣です。

「ホームページは、あったほうがよいのでしょうか」

というご質問を、メールやランチ会などで、時々いただきます。

「いまは、ブログがメインになってきてますね」というお話も、よく聞きます。

ひとことでブログと言っても、URLも見た目も様々なので、ホームページがわりにして問題がないことも、増えましたね^^

「SEO対策」というテクニックも、いまは基準が変わり、個人のページのほうが優位なこともあります。

「WEB集客したい」と考えたときには、HPは、最優先につくるものではないかもしれません^^

お客様へ失礼や支障がなくて、「集客」もできたら、よいのかもしれません。

HPにあてる時間で、ほかのおもてなしをすることもできます。

でも、どんなWEBページでも、「集客」につながればよい。というだけでも、ないのかなと思います。

たとえば、定期的にキャンペーンをしたり、お客様の声や症例写真を、たくさん紹介したり、季節ごとのサロン風景やイベント、ドリンクなどを掲載したり。

「サロンの魅力を伝える」という意味では、ブログよりも、HPのほうが、「安定感」を感じるはずです。

HPを、楽しみに、時々のぞいてくださるお客様だって、意外といてくださるものです^^

いまは、ブログを書いているサロンさんが多いかもしれません。私も書いています^^

でも、普通のお客様は、ブログを書いておられないかたも多いです。

定期的に書いていると、目が慣れますが、あまり見なれないお客様からすると、「HPの代わり」と言うには、ブログでは見づらい点も、あるものです。

ブログを見て「いいな」「行ってみたいな」と感じてくださったときには、やはり、改めて、HPを落ち着いてご覧くださり、更に決め手にしてくださるはずです^^

つまり、「集客」を優先するのか、お客様への印象や「安心感」を感じていただくためのものなのか、という点で、それぞれ判断されるとよいと思います。

どちらだけが大切で、どちらは要らない。手間だから、どちら。ということではなく、

本来、お客様から見て、「ここなら行きたい。」「やっぱりここでよかった」と、ご安心・納得いただくためのことが、一番大切なはずなのです。

そんな「お客様を軸にした、大切な考え方」を、9月開講の「割引に頼らず、リピーター様もご新規様も増やすおもてなし」講座では、理論立てて、お伝えしていく予定です^^

あさって月曜日に、このブログから、講座詳細をお届けさせていただきたいと思います。ご興味のあるかたは、ぜひご覧いただけたら、うれしいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座