スタジオをもち、本格的に教室業を行うつもりです

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「リピート率90%」講座の新垣です。

無料7日間メール講座へ、メッセージをいただきました。

メールマガジンの配布ありがとうございます。

私はサロンではなく教室を長く細くやっているのですが、スタジオを持ち、本格的に教室業を行うつもりでおります。

(中略)

ネットで新垣さんのサイトを拝見て、参考にさせて頂きたいと思い登録いたしました。どうぞ、よろしくお願いします。

春頃から、サロンオーナー様だけでなく、お教室の先生からも、メール講座・ブログへメッセージをいただくことがふえました。

私がかいていることは、お肌やお身体の施術を、お客様へご提供するサロン様向けです。だから、先生のご参考になれるかは不安です。。

ご参考にしていただけるかもと思う部分を、考えてみました。
・予約制というところ
ご予約をいただくということは、お越しいただくかたや、お時間・内容などが、事前にわかるということですね。

わかっている情報の中で、おもてなしできることが、たくさんあります^^

とびこみでお越しいただける場合、サロンさんでも、私のおもてなし方法は、活かせないことが多いです。
・女性対、女性というところ
ここは、とても大切な部分です。

女性施術者さんと、男性のお客様
男性セラピストさんと、女性のお客様
の間には、ことなる心理状況がうまれます。

おもてなしやサービスというのは、お客様の心理をくむことです。

女性同士だからこそ共感できることがあったり、逆に、女性は女性に厳しいこともあります。

ですがその分、認めてくださると、まっすぐに信じていただくことができると思います。
・次回予約をいただくところ
単発のみ。というお教室もあるかもしれませんが、数回かよっていただいたほうが、体得できるのかなと思います。

次回レッスンのご予約をいただくということも、サロンで共感いただき、次回予約いただくことと、全く同じだと思います。

「お試しレッスン」も、施術のお試しや初回割引のある「導入メニュー」と似ていますね。
・決まった場所であること
お教室やスタジオへの道順案内は、信頼関係を築くためにも、必要ですね。

また、お客様が飽きてしまわれないような工夫を考えることも、サロンと同じです。

出張やレンタルサロンのことは、私は書くことができないので、「サロン」さんでも、ご参考にならないかもしれません。。

素人の私なりに、お教室の先生のお役にたてそうなことを、書いてみました。

ご参考になる点とならない点があるはずですが、メール講座をご活用いただけたなら、とてもうれしいです^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

各講座の資料請求はこちらから

資料請求 / お問合せ
Copyright 2018 草世木流おもてなし講座