サロン集客、出会いたいお客様とのマッチング

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^ 集客しない割引しないサロンをつくる「草世木(そうせいき)流おもてなし講座」考案、新垣葉子です。

2015年9月に書いたメルマガを、抜粋ご紹介いたします。

メール講座にご登録下さったかたへは、新しい発見や情報を、週1~3回お届けしております。ご興味のあるかたは、一番下のフォームより、ご登録しておいてくださいませ^^

-----
大阪講座開催にご興味を持って下さった方から、こんなご要望が届きました^^

「サロン集客、出会いたいお客様とのマッチング」

「出会いたいお客様」ではないかたのほうが多くみえたり、

リピート下さるお客様が、ターゲット様像とは異なったり。という経験の

あるかたも、少なくないかもしれません。

ですが、

この問題の解決は、とてもシンプルです。

「出会いたい」お客様像を決めると同時に、

自分自身も、そのターゲット様像に近い言動を心がけることです。

「割引やバーゲンで購入や予約を決めるのではなく、よいと感じた時によいと感じるモノやサロンにお金を使うかた」

ということを決めても、

セラピスト自身が、クーポンサイトを比較しながら

サロンジプシーをしていては、そんなお客様から、選ばれることはありませんよね^^

「美容健康への意識が高いかた」

というのもよく聞きますが、医者の不養生な肌や体質・体でも、やはり説得力がありません。

そして、

お客様像は、前述のようなアバウトなものではなく、細かくしぼって決めます。

サロンコンセプトは、時々ぶれても、修正すればよいのですが、

ターゲット像は、一度決めたら、変えないことです。

定めたお1人様へ向けて、

振り向いていただける、ご納得いただける、リピートいただけるかどうかを、

いつも考えます。

すると、

「サロン集客」という言葉は、少し違う。と、きっと違和感を感じてきます。

お越しいただけばよいのではなく、

ご納得の次は安心と確信、そして信頼いただけるよう、考えるからです。

つまり、

「出会いたいお客様とのマッチング」というのは、

たったお1人のお客様と、長くおつきあいさせていただくためには

どうしたらよいか、どうすれば飽きられないか、

施術だけでなく、心配りやおもてなし、会話の間、言葉の語尾まで、

常に神経をはり、工夫していくことだと思います。

それが癖づいてくると、サロンは、いつの間にか、

「出会いたいお客様」ばかりであふれるようになるのです^^

-----

メール講座ご登録は、こちらからお願いいたします^^

「集客しない割引しないサロンをつくる「草世木(そうせいき)流おもてなし講座」

草世木流おもてなし

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座