どんなサロンオーナーさんとも全て、なかよくする必要はないです

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「再来店率90%」講座の新垣です。

サロンオーナーさん同士で、交流をすることが、あるかと思います^^

学びや刺激をいただけて、うれしいことが多いです。

でも、価値観があきらかにちがう場合は、無理におつきあいを続ける必要は、ないと思います。

おつきあいを続けるのは、グチやマイナスな話、または金銭関係で慣れあうのではなく、よい話を惜しみなく共有し、向上しあえる人だと思います。

先日同じ日に、私が疎遠になった、2人のサロンオーナーさんから、連絡がありました。

1人は、宗教のような活動に何度も誘ってきた人。1年以上ぶりに電話がかかってきて、「パソコン操作を教えて」と言われました。

もう1人は、サロン開業記念日と聞き、花束を持ってかけつけたら、男性もいて、「集客マーケティングセミナー」と・・。そして、「参加者皆さん大満足」と書いていた人。また、そんなセミナーの、お誘いでした。

孤独や不安だと、気にかけてもらうことがうれしいし、義理などもあって、ついおつき合いを続けてしまうことも、あると思います。

でも、お客様のためにサロンを向上させるためには、決めていかないといけないことも、あるんだと、改めて学びました。

もし、あまり前向きでないおつき合いで、悩んでいるかたがいらしたら、長い目で見て、お客様のためになる時間なのか、一度、見直してみるのもよいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 草世木流おもてなし講座