どちらかわからないことは、サロンが原因

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「再来店率90%」講座の新垣です。

理由が不明なことが起きたことは、ありますでしょうか。

そんな時は、サロンの責任としてすぐに行動すると良いと思います。

以前勤務していたサロンでのお話ですが、帰られたお客様から連絡があり、「ハンカチがなくなった」ということで、全員でサロン中探しましたが、みつかりませんでした。

もしかしたら、帰り道で落とされたのかもわかりません。お客様も、そうおっしゃっておられました。

でも、ご来店時、汗をふいていらした上品なハンカチを私は見ていたので、翌週お渡ししようと、似たデザインのものを購入しておきました^^

翌週ご来店時、その後みつかったとの事で、不要になりましたが、用意していたことを、喜んでくださりました。

他にも、先輩が施術したお客様が「あざができた」という連絡をくださったこともありました。

クレーム担当の私が連絡を受けて、帰宅途中サロンにひきかえしてカルテを確認し、深夜になってしまいましたが、お詫びの連絡を入れたところ、

「もしかしたら、自分でぶつけたものかもしれない」とのことでした。

担当者に他にも思うところがあり、伝えたかったとのことで、すぐにご連絡をしたことが、安心したと、それ以降もご来店くださりました。

原因がわからないことは、最善と思う行動をすることで、お客様が、少しでも安心くださるのだと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座