ご友人様を「お客様」とカウントしない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^ 集客しない割引しないサロンをつくる「草世木(そうせいき)流おもてなし講座」考案、新垣葉子です。

2016年2月に書いたメルマガを、抜粋ご紹介いたします。

草世木流おもてなし

----------
こんにちは^^新垣です。

こんなメッセージをいただきました。


やみくもに配るのではなく、ターゲットを決めての配布ですね!ただ…私の周りには
商店街もなく…近所もあまり人が歩いていません。。。(中略)
あと、友達が1度でも来店してもらえる言い方って有りますか?


カウンセリング講座、前にも気になっていましたが、すぐ満席で残念でした。
まだお客様と言っても友人が多く、カウンセというよりおしゃべりです。(中略)
新垣さんの言う「施術前に次回予約」というのは、いまだに不思議です。

カウンセリング講座は、2014年に、一度だけ開催しました。

今回も、

シュミレーション実践の前に、まず、これらを頭に入れていただきます。

・いつ開始すると、ご安心いただけるのかを見直す
・お客様がどんどん話したくなるタイミングをつくる
・主導権はお客様にあると感じていただくことの重要性
・お客様の「当たり前」を、徹底的に表現する
・◯◯と一致しなければ、全てがはじまりません
・効果のある技術より、効果をだしてくれると信頼できる人

そして、

サロンですぐに活かせるよう、練習のお時間を増やそうと思います。

ご友人様ご来店時のご相談は、時々いただきます。

・次回予約がない
・暗黙の割引やサービスを求められる
・自分はそのかたの店やサロンで多くお金をおとした
・おしゃべりが長く、なかなか帰らない

等々。

こちらが、プロとして、カウンセリングや施術をする心構えでいても、

半分遊びにみえた感覚のご友人様だと、敬語もなく、

アドバイスもあまり届かず、様々温度差があるのですね。

私達施術者が考えているよりもずっと、まだまだ日本では

「サロンで施術を受ける」ということが、

「日常必需品」と認識されてはいません。

だから、

自発的に「行きたい」と言われ(て一度断っても行きたいと言われた)場合

以外は、こちらからお誘いしてまでお越しいただかないほうが、よいと思います。

ご開業時は、お披露目もあるかと思いますので別ですが、

かけつけて下さった知人様を「お客様」とカウントし、

次回予約がないとなげくのもまた、サロンのエゴです。

つまり、

サロンの「本当のお客様」は、いつでも「他人様」なのです。

「1度でも来店してもらえる言い方」を考えるよりも、

本当のお客様の心にしっかりと届く

正しい「カウンセリング方法」を身につけるほうが、

結果として、

ご友人様から自発的に、キャンセル待ちをしてでも「行きたい」

とおっしゃっていただける、強いサロンになります。

そして、

ほとんどのサロンがしていない、無理や苦痛のないカウンセリング方法ですので、

施術者として、人としても、一生の宝物になるかと思います^^

----------

3つのメール無料講座ご登録は、こちらからお願いいたします。

【200名様お友達LINE@】
良質な売上の作り方配信中LINE@

【3200名様以上が無料購読】
「リピート率9割の愛されサロンオーナーになる方法」7日間講座

【1000名様以上が無料購読】
「もう集客で悩まない!ニュースレター作成の基本」6日間講座

各地認定講師開催講座日程

考案者新垣葉子講座開催日程

草世木流おもてなし講座ホームページ

草世木流おもてなし

草世木流おもてなし

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座