お客様が、サロンをえらぶ「無意識の判断基準」

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「再来店率90%」講座の新垣です。

私たちも含めて女性のほとんどが、何かを購入する検討する際、無意識のうちに、あることを判断基準にしているそうです。何だと思いますか^^

それは、その商品そのものではなく、それを利用したり購入したら、「自分がどうなるか」という「イメージがわくかどうか」だそうです。

サロンでいえば、「このサロンでこの施術を受ける私」「リラックス、ラク、キレイになる私」を、イメージできるか。ということです。

更にもっと言うと、その状態である自分は、すてきであるかどうか。ということも、大切だそうです。

だから、サロンオーナーさんの言葉で、施術のよさをたくさん語るよりも、お客様ご自身が、イメージをしながら選べるように見せられる準備をするとよいんですね。

そのためにも、施術前後の写真や、サロンの写真、他のお客様の声など、「私が、そうなる」と、イメージしやすいものを用意する必要があるんです。

お客様に選んでいただきたかったら、多過ぎる「売り文句」よりも、「イメージがわく」ひと言や、写真を用意するほうが、効果的なのですね^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座