お久しぶりのお客様との、ごあいさつ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「リピート率90%」講座の新垣です。

施術の種類によって、オススメの来店頻度というのは、異なると思います。
だから、あまり一概には言えないお話です。
でもたとえば、半年ぶりのご来店というのは、サロンからみると、かなりお久しぶりなことが、多いのではないかなと思います。
(半年周期がベストなサロンさんも、あるかもしれません)。
でも、お客様の半年って、サロン側が思うより、とても短いんですよね。

そして、そのお客様は、本当は毎月行きたい。と思ってくださっていることも、多いです。

だから、オススメのスパンをお伝えしておくことは、大切ですね。
それでも来られないかたには、それぞれ理由があると思うんです。
ですが、お忙しかったり、色々なサロンがある中で、覚えていて、またご来店くださる。
それは、とてもうれしいことですね。
だから、あまり、使わないほうが良いなと思っている言葉があります。
それは、「おひさしぶりです」です(^-^)
半年やそれ以上、スパンがあいてしまっても、たとえ二回目でも、

「おかえりなさいませ」と、お伝えしてみると、なんだか距離がぐっと縮まる気がして、よくつかっています(^-^)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 草世木流おもてなし講座