「字がへたなので、これで失礼 がないのか、不安です」

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「リピート率90%」講座の新垣です。

セミナーをご受講くださったサロンオーナー様が、作成されたニュースレターを、送ってくださりました。

「やっとニュースレター?なるものを作ってみました。正直字が本当にへたくそなので、これで失礼がないのか、大丈夫なのか不安です」

とのことですが、季節のお話と美容の話を、上手にからめた、とても共感する内容で、見入ってしまいました^^

ニュースレターを書く目的は、いくつかありますが、大切なポイントに、

・お客様に共感いただく

ことも、ありますね。

せっかく時間をかけて書いたのに、「共感できない」「不信」というような、マイナスな印象を与えてしまっては、逆効果です。

「字がへた」というのは、けっして、マイナスでは、ありません。むしろ、あたたかみや一生懸命書いた感じが伝わって、好印象です。

それに手書きは、人柄や想いが、想像以上に伝わります。

反対に、きれいな字や、パソコン入力で、見た目は整っていても、たくさん書き過ぎていたり、内容が共感できないと、読んでいただくことが、できません。

ニュースレターは、お送りをした全てのお客様が、全部目を通してくださるとは、限りません。

だから、ニュースレターの文字は、「きれいに書くこと」ではなく、「共感いただく」「印象にのこる」ことのほうが、大切なんです。

想いが伝わることで、お客様のほうから、再来店くださるはずです^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座