「ターゲット」様を、ひとことで言えない時に、まずすること

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「リピート率90%」講座の新垣です。

サロンにお越しいただきいと思う、「お客様像」が、サロン様ごとに決まっていると思います。

いわゆる、「ターゲット」です。

サロンづくりやおもてなしは、ターゲット様に合わせますね^^

ですが、ターゲット様像が、定まっていない、または、よく変わる。というサロンさんのお話も、時々ききます。

私は開業当初、今よりもあいまいな「ターゲット」設定でした。

もっと絞って、「ひとりの女性」像に、どう定めていくか迷っていた時、ある方からおしえていただいたことを、実践しました。

それは、

「まず、ターゲット様像を、100文字で表現してみる」

というものです^^

ライフスタイルだったり、嗜好、思考、大切にしていることなどなど、たくさん書きだして、まとめました。

それができたら、今度は50文字、次は30文字・・というように、減らしていくんです。

(50文字が意外と短いことに、驚いたおぼえがあります^^;)

1日中、一生懸命考えていても、決まらないものだったりします。

それに、「ターゲット」様像は、一度決めたら続けていきたい、とても重要な部分ですね。

だから、1日では決めることができないかもしれません。

「日々、頭のかたすみに置いておけば、ふとした時に、よい案がでる」とも教わったので、そうしてみました。

つまり、「○○日後に、今度は50文字でまとめる」ということではなくて、ぴんときた時が、決め時。ということです^^

その結果、14文字におさまり、そのまま続けています。

そして、100文字にした時からのメモは、全て残しておき、その「ターゲット様像」の、肉付けにします。

もし、「ターゲット」様像を、即答できなかったり、きちんと定めたい、というかたは、よかったら、ぜひ試してみてください^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座