「サロンを開業するとき、ご指名のお客様、ひっぱってきたんでしょ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^「再来店率90%」講座の新垣です。

サロン開業時の話をすると、時々お客様から、「10年以上勤務していたサロンなら、ご指名のお客様、連れてきたのね」と言われます。

でも私は、自分でサロンを開業するなんて思ったことがなかったので、どなたにもお越しいただくことができませんでした。本当にダメの見本な、無計画です。。

最初は、知人の知人くらいの知り合いのかたや、チラシを渡してお越し下さったかたにお手入れをさせていただいていました。

「あなたはきっとお店を開いてくれると思った」と、名前を検索してお越し下さるお客様もいてくださりましたが、ほんの数名様でした。

広告も出せないですし、ブログもただ書いているだけだったので、チラシを工夫するしかありませんでした。

数種類の当時のチラシが、9月末に探したら見つかりましたが、とってもてづくり感満載でした(汗)

でも、後半に配っていたつくり込んだチラシよりも、最初のてづくりで、色も多くないチラシのときのほうが、来店いただける率は高かったんです。

「エステ」のイメージを裏切って、親近感をもっていただけなのかなと、思います。お越しいただきたい、という気持ちが強かったからお越しいただけた、というのもあるかもしれません。

私がもし、以前のサロンからたくさんお客様をお呼びして開業していたとしたら、チラシを配らなかったと思います。

そして、新しいお客様に目を向けず、再来店率にもそれほどこだわらず、おもてなしやニュースレターなどの改善も、しなかったと思います。

そして、お客様が増えないことにきづくのも、遅かったかもしれません。

だから、顧客様がいての開業のほうが当然望ましいに決まっていますが、そうでなくても、集客するためにできることは、たくさんあるんじゃないかなと思います。

技術をたくさんもっているとか、何年この仕事をしているとか、何年しかしていないだとかをよく言われたり聞かれますが、実はあまり関係なくって、やると決める心次第なのではないかなと、私は思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せ / 資料請求はこちらから

お問合せ / 資料請求
Copyright 2018 集客しない割引しないサロンづくり | 草世木流おもてなし講座