「なるほど、そんな風にする方法で、静かにできるんですね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、「再来店率90%」講座の新垣です。

技術講座を受講くださったかたから、

「なるほどーー。そんな風にする方法で、静かにできるんですね。何も考えず、教わった通りにしていました・・。」とおっしゃっていただいたことを、ご紹介します^^

お客さんとして、あるいは相モデルとして、施術を受けていると、施術をしている時以上に、様々な音が、耳に入りますね。

スタッフさん同士の話し声や物音はNGとしても、音を立てていない「つもり」の動作の音も、受けて側は感じることも、あります。

そのうちの1つが、「あたためる音」です。

施術に使用するクリームやオイルを、お客様に塗布する前に、両手ですり合わせるかたが、多いです。

そのままふれると、冷たいと感じて不快に感じられれてしまうことが、あるからですね。

ですが、その「ペチャペチャ」「クチャクチャ」という音を、お客様に聞かせる必要は、ないんです。

気にしないお客様もおられると思いますが、昔勤務していたサロンで、ご意見をいただいたことも、ありました。

ではどうすればよいかというと、両手を合わせて、ただじっとしているだけでも、実は充分あたたまるのです。

よっぽど施術者の手が冷たい場合はわかりませんが、こすり合わせても、じっと包んでいても、あたたまり方は、そんなに変わりません。

または、お客様の耳から両手を離してあたためれば、聞こえ方も変わります。

言葉にはされないけれど、お客様は感じていることも、たくさんあるので、ちょっとした工夫で、よりリラックスしていただけたら、うれしいですね^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

各講座の資料請求はこちらから

資料請求 / お問合せ
Copyright 2018 草世木流おもてなし講座